転職体験談

JOB CHANGING

20代 女性 一般病院 病棟勤務

以前の職場が大学病院だったので、もっと地域の病院で一般的な症例を見たいと思い、転職を決めました。

担当の方が丁寧にヒアリングしてくださり、自分自身がどのような看護をしたいかじっくり考えることができました。地域に根付いた病院の求人をご紹介いただき、希望通りの病院の面接をいくつか受けました。

新しい職場は患者さんの症例も専門性の高い症例ではないことから、以前の職場より看護がしやすいです。その分、患者さんと向き合う時間をゆっくり作ることができるため、とてもやりがいを感じるとともに、充実した毎日を送ることができています。

30代 男性 一般病院 病棟勤務

大学病院のICUで2年間勤務をしていましたが、激務が続いたことにより体調を崩し、長時間の勤務が難しくなってしまったため、民営病院に転職を決意しました。

面接では退職理由を中心に聞かれることが多く、2年しか働いていないため、大学病院でのICUの経験があっても採用には慎重になっているように感じました。

勤務していた期間が短かったこともあり、深入りした内容の質問も受けましたが、担当の方に事前に想定される質問や印象の良くなる受け答えについてアドバイスをいただいていたため、焦らずに自分自身のことをしっかりと伝えることができました。

30代 女性 外来勤務(パート)

結婚のタイミングで今後の出産育児などのことも考え、家からできるだけ近い場所で働きたい、家庭の時間を大切にしたいと思い、常勤ではなくパート勤務を選択しました。

担当の方に前の職場での経験を活かすことのできる職場が良いとアドバイスいただき、自分自身の希望を優先しつつも、以前の経験を活かすことのできる病院をいくつもご紹介いただきました。

丁寧にヒアリングいただいたおかげで、働く上での条件と優先順位を明確にした状態で転職先を決めることができたため、日々やりがいを感じながら働くことができています。

30代 男性 ICU勤務

救急医療やICUなど、緊迫した病棟で働きながら即戦力のある看護師としてスキルアップしたいと思っていたのですが、実際に配属されたのは希望とは異なる病棟でした。もちろん学べることも多く成長できる環境ではありましたが、個人的にはICUへの思いを捨てきれませんでした。

転職時は担当の方に書類の添削や面接対策をしていただいたおかげで、ICUで働きたいという強い気持ちを、転職先の病院へ飾ることなく素直に伝えることができました。

すごく大変な職場ですが、担当している患者さんが、自分の考えに基づいた医療行為やケアなどを行う事によって状態が改善していく様子をみると、とてもやりがいを感じます。